オンライントレード | ネット証券 | 株式投資 | FX取引

総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ひまわり証券

スワップ

FXでお金を稼ぐならば、その方法は2つあるといわれています。
一つは、為替の差額によって得られる収益。
今後通貨価値が上がると思しき通貨を購入し、価値が上がった時に売るという、金融取引の基本ともいえる収益です。
そしてもう一つは、FX用語で「スワップ」と呼ばれる金利差です。

スワップというのは、ペアとなる通貨の金利差によって発生するものです。
ただ、必ずしも収益になるとは限りません。
それぞれの国にはそれぞれの通過がありますが、同時にその国によって金利も異なります。
例えば、現在日本はとても金利の低い国です。
アメリカなどと比較して、かなり低いと言えます。

そんな金利の低い国の通貨で金利の高い通貨を購入した場合、金利差というものが生じ、その金利分を毎日受け取る事ができます。
例えば、円でアメリカドルを購入した場合は、このスワップが発生して収益となるのです。
逆に、金利の高い国の通貨で金利の低い通貨を購入した場合は、逆にスワップが引かれます。
スワップというのは、各通貨間の均衡を図る為の制度なのです。

このスワップは、不況下において確実に利益を出しやすいと言えます。
金利は余程の事がないと下がらないからです。
安定した利益を確保できる分、不況に有利と言えるのです。
ただ、当然為替の差額の変動によっても収益は変化するので、スワップのみの収益だけではなかなか利益となるとは限らないのが現状ではあります。

FX用語におけるスワップは、「スワップ金利」とも言います。
意味は同じですね。
こういった同じ意味のFX用語というのはいくつかあるので、調べてまとめてみるといいでしょう。


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の指数 その2

ネット証券 FX取引 インデックスファンド
世界の指数 その2
posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 20:47 | Comment(0) | 日経225とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金は預金保険の対象になるのか

ネット証券 FX取引 外貨預金
外貨預金は預金保険の対象になるのか
http://gaika-money.seesaa.net/article/114737243.html


続きを読む
posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 09:41 | Comment(0) | ネットバンクの口座を作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の選択チェック

ネット証券 投資信託 資産運用
投資信託の選択チェック
http://tousisinntaku2.seesaa.net/article/114737767.html


続きを読む
posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 投資信託をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先物取引

ネット証券 FX取引
先物取引
FXには、先物取引というFX用語があります。
このFX用語は、FX用語に限らず株などの取引でも使われている用語なので、割と知っている方も多いかもしれません。
ただ、言葉として知っている事はあっても、実際にこの取引を行った事のある人となると、結構少なかったりもします。
先物取引とは、通常の取引とは違って、現在の取引ではなく将来的な売買について約束をするという取引です。
通常の取引は、その場で価格と数量を決め、その注文と適合した売り注文がある場合に成立、という形になります。
ですが先物取引の場合、まず先に価格、数量などを決め、それをいつ売買するか決定し、約束をします。
そしてその日が来た時点で売買を行う、というものです。
この先物取引の特徴は、現時点での売買価格で将来購入ができるという点です。
例えば、アメリカドル円の取引で、現時点では1ドル=90円という場合、1000ドル出して9万円購入するとします。
そして、これを1週間後の決済日に売買を行うよう先物取引で注文したとしましょう。
そこで注文が成立したら、一方は1週間後に1000ドルで9万円を購入し、もう一方は9万円を1000ドルで売却する事になります。
ここで、もし価格に変動がなければ、先物取引の意味はありませんが、為替市場は常に動いています。
1週間後、為替レートは1ドル=95円になっていたとしましょう。
こうなると、1000ドルで9万円を購入した人は、現在ならば1000ドルで9万5千円が購入できるので、5千円損した事になります。
一方の売却側は、9万円で1000ドルを手に入れたわけですが、現時点のレートだと本来なら9万円で手に入れられるのは947ドルです。
53ドルほど得をした事になります。

これが、先物取引の特徴です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》
posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 10:37 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX用語 機会損失

ネット証券 FX取引
FX用語 機会損失
image.jpg
不況下において、FXというのは強い金融投資であると言われています。
理由は、株の銘柄のように一気に数分の一になったりはしない事、また、通貨を対象としているので、株のようにその会社が潰れて株券が紙切れになるという事がない事などが挙げられます。
更には、売りポジションから先に確立できる「空売り」があるので、不況でも稼ぎやすい、という点も大きいようです。
空売りはFX用語ですね。
そこにないものを売る、つまり本当は持っていない通貨を借りて売る、という時に使います。
そんなFXですが、いくら不況に強くても、これをやっていては儲かるはずもない、という行為があります。
FX用語でいうところの「機会損失」です。
これはFX用語に限らず、すべての金融投資で使われている言葉です。
機会損失とは、要は設ける機会を逸するという行為です。
例えば、非常に大きな値動きがあった場合でも、通貨を買わずにスルーし、現在持っている通貨が大きく値上がりしたにも拘らず、売る事無くずっと持っている、といった行為です。
ナイーブになりすぎ、もう少しすれば状況がまた一変するのではと警戒しすぎた結果、好機を逸したという状況の事です。
臆病で慎重な人ほど、この機会損失を起こしやすいですね。
不況というのは、一種の好機です。
不況の波に背中を押され、勢いで売り注文を出す人が多い為、為替市場は非常に大きな下落を見せますが、それがそこを付いた場合は逆に反発して上げるケースがほとんどです。
その時、通貨は割安感がかなりある状態になります。
それが、2008年末〜2009年の状況と言えます。
ここで動かなければ、機会損失です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★誰にも言わないと約束してくれるなら。


9,800円のFX教材をプレゼントします!

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 15:39 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動売買とは

ネット証券 FX取引
自動売買とは

Y339241051.jpg

ネット証券のサービスとして、株の自動売買とうものがあります。
そもそもお昼に仕事をしている人の利用率が高いネット証券。
夜に株価のチェックや取引もできますが、市場が動いている昼間にも株価は大きく変動しています。
そのため、買い時や売り時を逃してしまうという人も少なくありません。
そんな昼に株価をチェックすることのできない人向けのサービスが自動売買です。
証券会社によって注文方法は異なりますが、売買のタイミングを設定し、条件を満たした場合自動的に株の売買を行ってくれるものです。
もちろん条件を満たしていなかったら、株の売買はされません。
この自動売買はお昼の間に変動する株価にもきちんと対応できるサービスなのです。
自動売買の中でも多くの人が利用しているのが逆指値です。
これはある価格以上なら買いで、ある価格以下になったら売るというものです。
そうしておけば、急な価格の下落や高騰により損失を拡大することを防げます。
また、安く買えれば利益を期待することもできるのです。
やはり一番のメリット常に株価をチェックする必要がないことです。
現在では多くの人がこの自動売買のサービスを利用しています。
ネット証券のサービスの一部として行われているのがほとんどです。
ネット証券以外にも自動売買ソフトというものもあります。
その中には悪質な商法としてソフトを売っており、自動的に利益が得られるというものがあります。
実際には全く利益が得られないという場合もあるので注意が必要です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 11:20 | Comment(0) | ネット証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンライントレードとは?

ネット証券 FX取引 オンライントレード
オンライントレードとは?

ノートパソコン.jpg

オンライントレードとはインターネットを利用してできる証券取引を指します。
別名でネットトレードともいいます。
店舗で証券取引するのとは違い、インターネットで24時間いつでも証券取引ができるのが特徴です。
オンライントレードは夜間でも取引ができます。
今ではオンライントレードを楽しんでいる人は400万人以上と言われています。
店舗で取引するよりも手数料が安いという魅力もあり、オンライントレードがとても人気を集めています。
既存の証券会社以外にも、新規設立や海外企業からの参入など、競争が激しく、たくさんの証券会社が存在します。
各社様々なサービスを提供することで他社と差別化をはかっています。
また手数料の引き下げ競争も激化しており、初心者でも手軽に証券取引を楽しむことができるものがオンライントレードです。
インターネットでできるため、個人投資家が利用している場合が多いのも特徴の一つです。
個人投資家の約70%がオンライントレードを利用しているのです。
自宅にいてもいつでも証券取引が可能で、仕事が終わった後や家事の合間に楽しむことができます。
最近ではインターネットだけではなく携帯でもオンライントレードが可能になっています。
いつでもどこでも証券取引ができるのです。
オンライントレードは株や経済ニュースといった情報が充実しているのも魅力です。
新聞などに比べると株に影響しそうな新しい情報をすぐに手に入れることができるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 08:50 | Comment(0) | ネット証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売りから入る

ネット証券 FX用語
FX用語 売りから入る

位置情報リーマンショックによって各国の為替が大きく値を下げた2008年下半期ですが、この状況は、必ずしもすべての投資家にとってマイナス、というわけではありません。
むしろ、この状況を利用して大きな利益を得た人もいるはずです。
何故なら、FXには値が下がれば下がるほど得をする方法があるからです。
それは、「売りから入る」という方法です。

売りから入るという意味がわからない人も多いかと思います。
ただ、FX用語にも「売りから入る」という表現があります。
それくらいFXにおいてはメジャーな注文方法です。
では、このFX用語について解説していきましょう。
売りから入るというのは、通常考えられている注文とは逆の注文です。
普通は、為替市場において、割安な為替を円などで購入し、その為替が値上がりしたら売る、という注文方法がメジャーですね。
一方、FXでは、先に「持っていない通貨」を売る事ができます。
用は証券会社から借りるのですね。
その為、現在の価格が割高という為替をまず借り、それを売り、安くなったら買い戻して証券会社に返す、という方法が「売りから入る」と呼ばれる注文なのです。
「売りポジションを先に確保する」という表現も使います。
この「売りポジション」というのもFX用語ですね。
これならば、不況下においても利益を出せるのではないでしょうか。
今後下がるだろうという予測を立て、その通貨を売り、そして高確率で下がるのを待つ。
これで、利益を得られるのですから。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 08:24 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引 クロス取引

ネット証券講座 FX取引
FX取引 クロス取引


位置情報リーマンショックの影響で、アメリカドル(米ドル)に対しての信頼感はかなり揺らいでいます。
崩壊しつつある信頼の中、多くの世界各国の投資家はアメリカドルをペアに含まない取引を積極的に試みようとしているようです。
アメリカドルは世界経済における中心の通貨であり、為替市場における揺ぎ無い主役でしたが、それが徐々に変化しています。
アメリカドル以外の通貨で組み合わせを作るという投資家が非常に増えています。
こういった、アメリカドルを含まない取引の事をFX用語位置情報「クロス取引」と言います。
また、同様にアメリカドルを含まないレートの事をFX用語で「クロスレート」と言います。

アメリカドルを含むか含まないかでFX用語が出来上がるという事は、それだけアメリカドルの力が大きいと言えます。
それは、現在においても変わることはありません。
ただ、クロス取引が需要を大きく伸ばしつつある今、クロス取引という言葉自体にあまり必要性が無くなる可能性もあります。
アメリカドルを含まない組み合わせは珍しくないという状況が待っているという事です。
ただ、クロスレートを見る限り、どの組み合わせでも現在かなりレートが低くなっています。
そう考えると、位置情報アメリカドルだけが市場から見放される、という事はちょっと考えにくいかもしれません。

日本の場合、クロス取引は年々活発化しています。
少し前までは南アフリカランドが人気でしたが、2006年をピークに下降し、2008年に入ると一気に崩れました。
今は中東の方に位置情報投資家の興味が向いているようです。

《人気の新規公開株》松井証券の取扱銘柄はこちら
posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 08:32 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資の特徴とリスク

ネット証券 FX取引 不動産投資
不動産投資の特徴とリスク

ハウス2.jpg

位置情報不動産投資には、現物による不動産投資、小口化投資、位置情報証券化投資に分類されます。
現物による不動産投資は、マンションを購入して賃貸する、保有する土地に賃貸アパートを建築する、賃貸マンションの購入など、直接不動産に投資することにより収益を上げる投資方法です。
現物での不動産投資には下記に挙げる特徴があります。

1.ハイリスク・ハイリターンである。
2. 収益にはキャピタルゲイン(譲渡益)とインカムゲイン(賃料)がある。
3. 投資額が他の投資と比べ多額で、投資期間が長期に渡る。
4. インカムゲイン(賃料)による安定収入が見込める可能性がある。
5. 損益通算などによって所得税・相続税・固定資産税を減額させ節税効果がある。
6. 少額の資金でも借入金により、自己資金の何倍もの多額な不動産に投資することができる。
7. レバレッジ効果(てこの原理)を利用して借り入れ金利以上の収益率を高め、収入を大きなものにできる可能性がある。


また、次のようなリスクが不動産投資にはあります。
1. キャピタルゲイン・インカムゲインには、不動産価格あるいは空室などによる収益の変動リスクがある。
2. 現物の不動産は、すぐに現金化ができないという流動性リスク。
3. 投資のための多額の借入金による収益減少。
4. 不動産投資を行う人の経営手腕によって収益が異なる。
5. 地域状況の変化による収益の変動、建物の老朽化、地震など自然災害や、火災などによる建物の損壊のリスク。

不動産投資を考える時には、このような特徴やリスクを知ったうえで投資を行う判断をしてください。


日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 08:51 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産の有効活用の目的

ネット証券 証券講座 FX取引 不動産投資
不動産の有効活用の目的

位置情報不動産投資は、不動産の有効活用の1つです。
不動産の有効活用には、安定収入を得る、収入の増加や相続税の軽減など下記の様に、様々な目的があります。

・居住目的
豊かで安心のできる暮らしのための住宅建設など。

・安定収入や生活資金の確保
月々の賃貸収入による安定収入を得ることで、生活費や老後資金にあてることができる。

・収入増加
未利用地の有効活用により、新たな収益を得ることができる。

・保有コストの低減
保有不動産の維持のため、賃貸マンションなどを建築して賃料を得ることで固定資産税などの保有コストを低減する。

・所得税の節税
不動産所得は、確定申告での損益通算や青色申告、減価償却費や借入金の金利を必要経費とする、などによる不動産所得の特徴を活用することで所得税を節約できる。

・相続税の節税効果
不動産の有効活用による借入金による債務控除などによって相続税の節税効果を得る。

この他には、売却による現金化や、値上がり分の利益を得る、相続分割対策などの目的による不動産の活用目的があります。

不動産を有効活用できるかどうか、金利などの経済環境、都市計画法など土地利用の制限、賃貸市場の需要状況など様々な要因を含め総合的な判断が必要となります。
不動産投資を行う際には、このような状況をよく見極め、情報を活用し、準備を整えたうえで行うことが重要です。
そして、保有資産や家族の状況、自身のライフプランも合わせて考え、不動産投資の計画を立てなければなりません。




松井証券なら革新的サービスが豊富。
1日の約定代金10万円まで手数料無料!
口座開設料・管理料・各種情報料も無料!
中国株、先物・オプション取引もインターネットで取引可能!





posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 08:30 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXシステムポートフォリオ

ネット証券講座 FX取引
FXシステムポートフォリオ

「FXシステムポートフォリオ」についてご紹介します。
このFX情報商材は、その名の通り、ポートフォリオの方向性をFXで再現するという情報商材です。

ポートフォリオというのは、いくつかの金融商品に対して分散投資を行う場合、またその金融商品の組み合わせの事を指します。
これは、集中投資する場合に発生するリスクを減らし、堅実な成果を目指す為です。
先のリーマンショックのように、全体が大きく下落するというケースを除けば、この分散投資によるリスクヘッジ、すなわち少しでもリスクを避けるやり方というのはとても異議のあるものになります。
一つのペアに集中的に投資していた場合、その投資していた通貨ペアが大きく値を下げてしまう可能性があるからです。

国によって経済状況の変化はそれぞれなので、一つのペアが急に値を下げるというのはよくあることです。
その場合に少しでも損を減らすには、それだけに投資するのではなく、いくつかのペアに投資するのが一番なのです。
この「FXシステムポートフォリオ」という情報商材は、それをしっかり行っています。

もう一つの「FXシステムポートフォリオ」の特徴としては、初心者に適しているという点が挙げられるでしょう。
初心者はどうしても「どのタイミングで買う」「どのタイミングで売る」というのがわからないものです。
しかしこの商材は、しっかりそのタイミングを自動で分析し、発信してくれます。
なので、初心者でも全く問題なくFXで勝負が出来るという事です。
勝負は時の運ですが、合理的な面から、稼ぐ事ができる可能性は高いのではないかと思います。

FXで貧乏脱出する完全成功指南書

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券




posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 09:18 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資 不動産とは

ネット証券 証券講座 不動産投資
不動産投資 不動産とは
ハウス1.JPG
不動産の土地と建物は有効に活用してこそ価値がある

不動産は、人が生活する基礎となるものです。
不動産は、立地や交通条件が良い優良物件であれば不動産の価格が低迷していても、その賃貸料金は急激には下がりません。
そのため、価格が低迷している間に不動産を購入し、不動産投資を考えている人は少なくありません。
また、親から受け継いだ土地の有効活用として不動産投資を考えている人もいるでしょう。

ここでは、不動産投資を始めるにあたって不動産とは何かを考えてみましょう。

不動産とは、民法86条1項には「土地及びその定着物」とあります。
定着物とは、その土地にある動かせないもので、土地にある建物だけでなく、土地に生えている樹木なども含まれます。

また、日本では土地と建物は別のものとして扱われ、そのため、土地と建物は別々に売買できます。

不動産は、目的別に分けると、主にマンション、アパート、戸建住宅、宅地などの住宅用、マンションやビル、工場などの事業用に分けられます。
さらに、自分で利用する自用・他人に貸す目的の賃貸用に分けることができます。
この他には、レジャーなどのための別荘やリゾートマンションなどの不動産もあります。

土地の権利には、所有権と借地権があり、所有権は1人で所有する場合と複数での共有があります。
借地権は借地借家法に基づく、他人の土地を利用できる地上権と貸借人の権利である貸借権のことです。

建物の権利には、分譲マンションなどの各部分ごとの所有権である区分所有権、賃料、支払い建物を借りる借家権(賃借権)があります。





posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 09:49 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクヘッジ




FX系ノウハウの中でダントツに簡単なノウハウ   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

リスクヘッジ
ネット証券 FX取引

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】

  • 作者: 鳥居 万友美
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/05/30
  • メディア: 単行本


FXの世界は、比較的経済状況が悪い時期にチャンスが来ると言われています。
経済が悪化すれば、その分買いやすい値段で各国の通貨が購入できるからです。
とは言え、状況が悪い時期にはそれだけリスクが生まれます。
株と違い、銘柄そのものが潰れるという事はないにせよ、リーマンショックのように、大手金融会社が破綻するなどという事もありえるのです。
こういったリスクも含め、不況時のFXは通常以上にリスク管理が重要となります。

そんなリスク管理において、リスクを極力減らすための方法をリスクヘッジと呼んでいます。
また、ヘッジというFX用語もありますが、このFX用語も同じような意味ですね。
こういった意味の同じFX用語はできるだけセットで覚えておくといいでしょう。

話をリスクヘッジに戻すと、これこそがFXにおける最も重要な事項と言えます。
ロスカットもリスクヘッジの一つであり、最も有効なリスクヘッジと言えます。
つまり、リスクヘッジというのは、損をしないための方法ではなく、損を最小限に抑えるための方法です。
例えば、あまり欲張らずに買い控えるというのも、リスクヘッジの一つです。
分散投資や注文の工夫で、大きく儲けるよりも堅実に、という姿勢をとるのも、立派なリスクヘッジです。

FXを行うなら、景気に関わらず、まずリスクヘッジをしっかり一通り頭に入れることが重要です。
様々な方法があるので、最初は混乱するかもしれませんが、これらを軽視するといくら最初は好調でも後で必ず大きな大どんでん返しにあいます。
そうならないよう、保険をしっかりかけておきましょう。


儲かる!人生の歩み方 入門編

儲かる!人生の歩み方 入門編

  • 作者: 長瀬 寛是
  • 出版社/メーカー: 泰文堂
  • 発売日: 2008/09/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 01:22 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。