オンライントレード | ネット証券 | 株式投資 | FX取引

総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ひまわり証券

瑕疵担保責任

ネット証券 FX取引 不動産投資
瑕疵担保責任

不動産の売買契約が終了し、無事物件の引き渡しが済んでも、その物件から雨漏りや、シロアリの被害で土台が痛んでいた、などの欠陥が見つかることがあります。
このような欠陥のことを民法では、瑕疵(かし)と言います。
民法の瑕疵担保責任では、瑕疵の存在を知らなかった買主は、損害賠償を売主に対して請求することができます。
この場合、売主が瑕疵を知っていたかの有無は関係なく、売主が責任を負わなければなりません。
そして、瑕疵によって契約の履行ができない場合、すなわちシロアリの被害で家に住めないような場合には契約の解除ができます。
民法では瑕疵担保責任の期間は瑕疵を知ってから1年です。
この期間は、売主が業者でない場合は特約で期間を短縮できますが、宅建業者が売主の場合は期間の短縮はできません。
また、逆にこの期間を延長している場合もあります。
平成12年4月1日より、住宅品質確保促進法により新築住宅の瑕疵担保責任は引渡しより基礎や柱、屋根、床など基本構造の部分は10年間、新築住宅全部に関しては2年間となっています。
権利行使は瑕疵を知ってから1年で、特約によって期間短縮は可能です。
対象は、新築の個人住宅・マンション・アパートなどです。
不動産投資のために現物の不動産を購入する際、充分調査をしても瑕疵が見つかる可能性があります。
このような権利をしっかり覚えておいて万が一に対しての備えを怠らないように心がけましょう。
不動産投資の準備にあたっては、充分な調査や情報収集が重要となるのです。
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

投資信託 デメリット(3)投資信託 投資信託の仕組み投資信託 基準価額投資信託 資料投資信託 公社債投資信託投資信託 郵便局で購入


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 14:14 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灯油、軽油、天然ゴム

ネット証券 FX取引 商品先物取引
灯油、軽油、天然ゴム

現在の世界全体が使用するエネルギーは、原油が中心である事は想像に難くありません。
電気と共に、消費量が非常に多いエネルギーで、その残量に対してはもう何十年も前から問題視されています。
そんな原油ですが、ガソリンだけでなく、様々な形で使用され、消費されていきます。
まずは灯油です。
灯油は、冬場の消費が非常に多いですね。
ストーブや湯沸かし器などに使用することが多いからです。
よって、ガソリンとは需要のある季節が逆、という事になります。
商品先物取引においては対照的な商品となるわけです。

軽油も、原油を元として作られるエネルギーですね。
ディーゼルエンジンの燃料として使われることがほとんどなので、運搬用のエネルギーとしての需要が大半を占めます。
その為、お歳暮の時期、あるいは引越しシーズンなどは、需要の拡大、そして取引量増加に繋がります。
それ以外の季節に関する変動は少なめです。
天然ゴムは、日本の使用量が非常に多い為、日本の景気、特に自動車産業の景気が非常に大きく影響します。
2008年のように、あからさまに各自動車メーカーが不調という状況の場合は、やはり大きく値を落としてしまいます。
とはいえ、需要自体が大きく下落する事はないので、商品先物取引においては比較的安定する銘柄ではあります。
こういったエネルギー類は、基本的には景気が大きく影響してきます。
灯油、軽油は当然ながら原油価格が基盤となるので、原油をまずしっかり調べた上で、こういった商品の売買を行うと良いでしょう。
商品先物取引の中では比較的わかりやすい動きをするのが、これらの特徴です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 21:09 | Comment(0) | 金融証券マネー更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NOMURA日本株地域別インデックス

ネット証券 FX取引 インデックスファンド
NOMURA日本株地域別インデックス

野村證券金融工学研究センターが計算、公表している指数の中にNOMURA日本株地域別インデックスがあります。
NOMURA日本株地域別インデックスは、地域別に下記の指数があります。

・東海三県インデックス
愛知県、岐阜県、三重県に本社のある銘柄、もしくは三県に活動の拠点のある、NOMURA400採用銘柄で構成される株価指数です。
この指数をベンチマークにしているインデックスファンドは、野村アセットの東海三県インデックス ファンド(愛称:グレーター東海ファンド)です。
・北陸・北海道インデックス
富山県、石川県、福井県、及び北海道に本社のある銘柄、もしくはこれら地域に活動の拠点のある、NOMURA400採用銘柄で構成される株価指数。
・京都・滋賀インデックス
京都府、滋賀県に本社のある銘柄、もしくは京都府、滋賀県に活動の拠点のある、NOMURA400採用銘柄で構成される株価指数。
この指数をベンチマークにしているインデックスファンドには、野村アセットの京都・滋賀インデックスファンド(愛称:京(みやこ)ファンド)があります。
・九州インデックス
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県に本社のある銘柄、あるいはこれら地域に活動の拠点のある、NOMURA400採用銘柄で構成される株価指数。
この指数をベンチマークにしているインデックスファンドは、九州インデックスファンド(愛称:九州に来んしゃい)です。
・東北インデックス
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県に本社のある銘柄、あるいはこれら地域に活動の拠点のある、NOMURA400採用銘柄で構成される株価指数。
この指数がベンチマークのインデックスファンドは、東北インデックスファンド(愛称:「祭」ファンド)です。
・中国・四国インデックス
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県に本社のある銘柄、あるいはこれら地域に活動の拠点のある、NOMURA400採用銘柄で構成される株価指数。
この指数がベンチマークのインデックスファンドは、中国・四国インデックスファンド(愛称:未来への架け橋)です。
・関東・甲信インデックス
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県に本社のある銘柄、あるいはこれら地域に活動の拠点のある、NOMURA400採用銘柄で構成される株価指数。
この指数がベンチマークのインデックスファンドは、関東・甲信インデックスファンド(愛称:八県物語)です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 塩漬けFX取引 用語 空売りFX取引 用語 資金ショート

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 22:42 | Comment(0) | インデックスファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産の調査

ネット証券 FX取引 不動産投資
不動産の調査

不動産投資のため、不動産の取引を行う際には、市場や地域の調査、法令上の制限の調査、現地調査、登記の調査が必要です。
不動産の売買価格や賃料、今後の動向などを把握し、地域の特性や状況を調査しておきましょう。
また、都市計画法建築基準法、農地法に関する調査も必要です。
不動産投資の目的にする建物が建築基準法に違反していないか、耐震基準を満たしているかの確認が必要です。
都市計画図や行政機関での確認を怠ってはいけません。
現地調査では、同じ不動産であっても曜日や時間帯、天候など異なる条件で複数行うのが、より的確に物件の調査ができます。
また、最寄り駅から実際に歩いて地域周辺の環境や交通状況を確認します。広告での徒歩表示は1分間80mですが、実際に歩いて確認しておきましょう。学校やスーパー、病院などの公共施設の有無、有害施設の有無、などの調査を行います。
また、土壌汚染の責任は売主にありますので、その調査も必要です。
建物の敷地の境界を確認し、隣接地から何かが越境していないか、境界は明確であるかなどを調査しておきましょう。
境界線がはっきりしない場合は隣接地所有者立会いのもとで境界を明確にしなければなりません。
その際、土地の広さによって隣接地所有者が何人も存在する場合があり、明確にするのに時間がかかることもあります。
不動産投資の現物の不動産取得時には、このような事前に確認・調査することを怠たらず、良い物件を選ぶことが重要です。
ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 16:32 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戻り、押し目

ネット証券 FX取引
戻り、押し目

FX取引における不況下の動きというのは、読みづらさはそれほどありません。ただ、微小な単位で見ていくと、やはりそこには細かな上下動があります。
例えば、リーマンショックの際などもそうです。
リーマンショックがあった2008年9月から12月にかけて、ほとんどの為替は大幅な下落を見せました。
これは各通貨ペアの為替チャートを見ればわかります。ただし、それはあくまで数ヶ月単位でのことです。
例えば、その中のとある一日間にだけ絞れば、上昇を見せているものも少なくありません。
ただ、その上昇は一時的なもので、直ぐまた下降トレンドに戻ります。
このような下降トレンド時の一時的な上昇をFX取引「戻り」と言います。
また、この例の逆で、上昇トレンド中に見られる一時的な下降をFX用語で「押し目」と言います。
この「戻り」「押し目」は、FXで利益を得るためにはとても重要なFX取引です。
どのような通貨ペアでも、常に下がりっぱなしという事はありません。
どこかで転機を迎えます。
ただ、その転機だけを待っていては、なかなか儲ける事はできません。
その合間にある「戻り」「押し目」をうまく利用しなくてはならないでしょう。
そして同時に、トレンドの変換期なのか、「戻り」「押し目」という一時的な変化なのかを見極める力が必要です。
特に不況時は、こういった「戻り」「押し目」の状況が多く見られます。
トレンドのベクトルが強いから、転機になりにくいのですね。
その状況を読み、しっかりとした取引を行いましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?



posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 09:17 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

含み益、含み損

ネット証券 FX取引
含み益、含み損

FX取引において、不況時になるとなかなか売り辛くなるという意見をよく聞きます。
それは何故かというと、為替の値動きが非常に活発だからです。
ニュースを見ているとわかりますが、普通の状態の場合はそれほど各通貨そう値が動きはしません。緩やかに上昇、下降を繰り返します。
その中で、どちらにトレンドが動くかを読むのは、簡単ではないにせよ難しくもないといったところです。
一方、不況時はどうかというと、いつどう動くか予測ができません。
何しろ、リーマンショックのような事態もありますし、信じられないような反発を見せる事も多々あります。
現在購入して持っている外国為替をどのタイミングで売ればいいか、なかなかきっかけがつかめないのです。
そんな中、更にそのタイミングを躊躇させるのが、FX取引でいうところの含み益、含み損です。
これらはFX取引ですが、FX取引以外でも使われる事があるので、知っている方もおられるのではないでしょうか。
含み益とは、まだ売買を確定させていない状態での利益、含み損は損失です。
例えば、1ドル=95円の時に1万ドル購入して、現在1ドル=94円という状況で、まだそのドルを約定させず持っているという場合は、1万円の含み損という事になります。
今後どう値動きするかは不明ですが、現時点ではこれだけ得、損をしていますよ、というのが含み益含み損なのです。
これらは、まだ確定していないにも拘らず、既に利益を得た、損失を被った気分にさせます。後者はまだいいのですが、前者が厄介なのです。
実際には確定していないのに、得した気分でずっといると、なかなか利益を確定させることをせず、例えちょっと下がってもまだ大丈夫だから、更に上がるのを待っておこう、という気分にさせてしまうのです。
油断ですね。
不況時には、これが一番危ないのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 口座資金をどう使うか 株式投資 分散投資が有効株式投資 思わぬ落とし穴に注意

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 15:18 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプレッド

ネット証券 FX取引
スプレッド

FX用語の中に、スプレッドというものがあります。
スプレッドというFX用語は比較的良く使われるものですが、このスプレッドがわからないが為にFXに対して二の足を踏む、という人も少なくないようです。
現在、非常に大きな不況の波が金融市場を襲っていますが、一つのFX用語がわからないが為に選択肢を狭めているとなると、この不況の中で生き抜くのは難しくなると言えます。
しっかり意味を把握すれば、そう難しいものではないので、是非検討してみてください。
スプレッドというのは、国内株取引などにはない概念ですね。海外における市場だからこそ発生するものです。
スプレッドとは、簡単に言えば、買値と売値の差額の事です。
例えば、よくニュースなどで「1ドル=92円50銭〜55銭」といった表示を見ることがあるかと思います。
何か妙にアバウトだなあ、と思ったりはしませんでしたか?これは別に、大体これくらい、という意味の表記ではなかったりします。
というのも、この場合、もし1ドルを円に変えるとしたら、92円50銭が必要だけど、円を1ドルに変えるには92円55銭が必要、という意味の表記なのです。
各通貨間で、別の通貨に変える際に僅かに金額に差が出てしまうのです。
これがスプレッドです。このスプレッドというのは証券会社によって異なります。
そして、この差額を手数料として受け取るシステムとなっています。
つまり、スプレッドというのは、簡単にいうと手数料のようなものなのです。
FXにおいては、よく手数料無料、というところが最近増えていますが、これは全て無料というわけではなく、スプレッドがあるから通常手数料が無料でもOK、というものだったりします。
よって、FXを行う際に各証券会社の条件を見るとき、手数料だけで決めるのではなく、スプレッドがどれだけ小さいかもしっかり見ておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 銘柄は業績で選ぼう 株式投資 銘柄はチャートを見て選ぶ 株式投資 売るタイミングが一番難しい


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 10:23 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注文の際にチェックしておく事

ネット証券 FX取引 商品先物取引
注文の際にチェックしておく事

商品先物取引は、通常の金融取引と同じような注文ができますが、同時に他の金融取引にはないチェック項目がいくつかあります。
それを覚えておく事で、落とし穴を埋める事にも繋がるでしょう。
まず、商品名や限月に関してはしっかりチェックする必要があります。
そして、次にチェックすべき項目は、値段と数量です。
これは、商品先物取引独自の物ではなく、どんな取引に関しても言える事です。
現在はどれだけの価格なのか、それがこの商品にとってどのような状態なのか、そして購入する場合はどれだけ購入するのか、という事は、注文の基本中の基本です。
数量に関しては、金額ベースで考えていく事になります。
商品先物取引においても、市場の流れはしっかり存在しています。
他の取引においては、ひとつの銘柄、為替の価格変動が他の商品に影響を及ぼすという事は多々ありますが、商品先物取引に関しても、そういった動きはあります。
というより、全体の景気に流されやすい商品と言えます。
例えば、金はその典型ですね。
戦争が始まると金の値段が上がる、とは言いますが、実際世界の景気の情勢にかなり左右されるのが工業品、特に金です。
このような流れも、事前にしっかりチェックしておく必要があります。
また、新規と仕切りという違いも覚えておかなくてはならないでしょう。こういった、注文の前にしっかり確認すべき事項に関しては、確実に行っておきましょう。
商品先物取引は扱う額が大きい取引です。
よって、石橋をどれだけ叩いても叩き過ぎではないというくらいの慎重さが必要なのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 10:06 | Comment(0) | 金融証券マネー更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中長期の投資

ネット証券 FX取引
中長期の投資

短期投資と比較し、中長期の投資というのは非常に難しいです。
その一方で、精神衛生上はこちらの方がはるかに良いですね。
短期投資はどうしても市場の動きに過敏になる必要があり、その挙動次第では精神的にぴりぴりした日常を送ることになります。
短期投資の場合は上下動の激しい銘柄を必然的に選ぶ必要があり、そうなると夜寝る時でも、明日急落していたらどうしよう、といった感じで眠れない人も出てくるくらいです。
では、中長期、特に長期の投資の場合はどうでしょうか。
長期といっても、その期間は人それぞれです。一年という人もいれば、それこそ十年くらいのスパンで見ていく、という人もいるでしょう。
それでも、それだけの期間を持っているということは、一日の上下動に対してナイーブになる必要はなく、精神的には安定できます。
損切りのラインも下げやすく、悠然と投資が行えるので、初心者には本来こちらの方が向いているかもしれません。
ただその一方、かなり先の株価の動きを予測する必要があるため、その点では初心者の方には難しいのです。
株における長期の投資は、基本的にファンダメンタル分析が必須です。
短期の場合は逆で、ファンダメンタルはほぼ役立たずとなり、テクニカル分析が主体となります。
初心者の方にとっては、ファンダメンタル分析は難しいかもしれませんが、長期保持している間にでも勉強が出来ますし、こちらの方も長期で見ていけば、それほど難しい事もないでしょう。
いずれにしても、株取引においては性格が非常に物を言います。
長期向きか短期向きかというのは、経験以上に性格の問題と言えるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 北海道旅行春旅行 こだわりの宿春旅行 こだわりの宿(2)



posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 09:31 | Comment(0) | 株初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引のメリット(1)

ネット証券 FX取引
商品先物取引のメリット(1)

商品先物取引は、農作物や工業品をターゲットにした先物取引です。
その為、そのメリットやデメリットは先物取引に準拠します。
とはいえ、商品先物取引には商品先物取引独自のメリット・デメリットも少なからず存在しています。
まずは、それらを含めたメリットについて考えていきましょう。
第一のメリットは、FXのレバレッジや株の信用取引などと同様、小額で多額の取引が行える点があります。
商品先物取引においても、レバレッジという言葉は使用されるので、FXの経験がある方にとってはわかりやすいかもしれませんね。
簡単に説明すると、口座に入れたお金の数倍、数十倍の金額での取引が可能となります。
これによって、例えば10万円しか持っていなくても、100万円、200万円分の大豆や金といった商品での取引が可能になるというわけです。
これに伴い、商品先物取引では売りポジションからの取引も行えます。
FXでも同じシステムがありますが、これはとても便利です。
通常、金融取引というのはまず取引対象となるものを買い、その後価格が変動してから売るというのが一般的ですね。
しかし、商品先物取引では、まず手元にないはずの商品の権利を証券会社から借りてそれを売り、価格が動いた時に買い戻してそれを返すというものです。
理屈としては難しいですが、慣れれば簡単にこなせます。
これによって、普通は購入する商品の価格が上昇した時でないと差益が発生しませんが、売り注文から入れば価格が下がった場合に差益が出るので、戦略の幅が広がるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 08:59 | Comment(0) | 金融証券マネー更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買った株を売ってみよう

ネット証券 FX取引 株式投資
買った株を売ってみよう

最初に買った銘柄の株は、思い出としてずっと取っておく・・そういうロマンチシズムは、株取引の世界では必要ないといえます。
初めて買った株が幸いにも株価を上げた場合は、迷いなく売ってしまいましょう。株はタイミングが重要です。
このタイミングを逃したばっかりに、本来なら数十万円の利益が出たのに、結果的に数百万円の損を出してしまった・・そんな例が数多く存在するのがこの世界なのです。
それは、たとえ初心者の方がはじめて買った株であっても、例外ではありません。ですので、最初に買う株はできるだけ安い物が望ましいです。練習と思って、最悪全損しても痛手にならない程度の額で購入すると良いでしょう。
現在所持している株を売る場合、当然タイミングが重要です。初心者の方は、株価が購入時より高くならない限りは売りたくない、という気持ちがとても強いのではないでしょうか。しかし、それだけでは株取引はとても成立しません。必ずしもその株価が伸びるとは限りません。
むしろ、そうなる方が少ないという時期も結構あります。
その場合、もし株価が購入時より上がる事がなければ、永遠に売る事はできませんよね。
そこで、一番大事なのが「損切り」なのです。
この損切りというのは、簡単に言えば損している状況で売る事です。
損切りを行う場合は、もしここまで株価が落ちたら売ろう、というラインを自分で決めておく必要があります。
初心者の方は、まず何よりこの損切りを最初に覚えましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 09:53 | Comment(0) | 株初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株の売買を始める前に

ネット証券 FX取引 株式投資
株の売買を始める前に

では、実際に売買を行う為の手順を説明します。
株取引は、やりたいと思ったその日にいきなりできるものではありません。何事にも準備というものが必要です。
株取引の場合は、まず証券会社と契約を交わし、その証券会社に口座を開く必要があります。今預けている銀行や郵便局の口座では、株取引はできません。
証券会社と契約を結び、証券会社に取引をしてもらうことになります。
とは言っても、証券会社に取引の全てを委託するわけではありません。
投資信託のような、そういう方法もありますが、基本的には取引自体は自分でやって、株券の購入や管理、売却などを証券会社にしてもらうのです。
その指示は自ら出す事になります。その為、証券会社の存在は絶対に必要です。という事は当然、証券会社の選択が最初の手順となります。
初心者の方は、どの証券会社が良いかと言われてもチンプンカンプンですよね。
それが当たり前です。初心者でなくとも、証券会社の良し悪しを完全に把握できる人はそうはいません。もちろん、それを判断する材料は沢山あります。
それを初心者の方に、いきなり全部勉強しろとは言いません。ただ、しっかり押さえるべき点は押さえておいたほうが良いでしょう。一度契約した証券会社と、ずっとお付き合いする必要はありません。でも、すぐに契約を解除すると、色々問題も出てきます。
最初の証券会社選びは、その後の株取引に大きく影響を及ぼします。必ず慎重に行うようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 12:21 | Comment(0) | 株初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優遇サービスとは?

ネット証券 FX取引
優遇サービスとは?
SBI証券


東京ドームホテル.jpg

配当金と同じくインカムゲインの一種として数えられるのが、優遇サービスです。優遇サービスというのは、その会社が株主、つまり株を買っている投資家に対して行うサービスの事ですね。
この優遇サービスというのは、配当金のようにお金をもらえるわけではありません。
その会社独特のサービスが行われます。初心者の方にとっては、最初はわかりづらいことですが、すぐに理解はできるでしょう。
例えば、ホテルの株を買ったとします。その場合、受けられる優遇サービスはどのようなものが想像できますか?多くの方は、ホテルの利用に関するサービスだと答えるでしょう。
それが正解です。
こういった場合は、大抵ホテルの無料宿泊券や、割引券といったものがサービスとして与えられます。
飲食店であれば、そのお店の割引券といった感じですね。初心者の方でも、これならピンとくるのではないでしょうか。
また、優遇サービスの場合、必ずしもその会社独自のものとは限りません。その会社が提携している会社のサービスを受けられる事もあります。
その為、例えばホテルの株を買った場合、優遇サービスとしてそのホテルに泊まる旅行をすることを想定し、航空券の割引チケットや、近隣の飲食店の割引券などが配布される事があります。
こういうサービスは初心者の方にとってはなかなか楽しいのではないでしょうか。ただ、株主優遇サービスはオマケくらいに思っておいた方が良いでしょう。
基本的には、差益と配当金が株投資における利益と考えてください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 18:16 | Comment(0) | ネット証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資金ショート

ネット証券 FX取引
資金ショート

FX取引をする場合、必ずしも儲かるかというと、そんな保障はありません。これはあらゆる金融取引において言えることです。
場合によっては、購入した通貨が値下がりしてしまう事もあるでしょう。
そんな状態になった場合は、いつその通貨を手放すかが問題となるのですが、現在所持している通貨を決済する前の状態で、損失が出ている状況の事をFX用語で「資金ショート」と言います。
現在のポジションではマイナスとなっており、更には取引保証金に対して割り込んでしまっている状態の事を、「資金ショート」と読んでおります。
こういった状況が進行すると、現在の証拠金では足りなくなり、新たな証拠金を追加しなくてはならなくなります。
それをFX用語で「追証」と言います。
この「追証」は、まず資金ショート状態になり、次に損失が進むと金融会社からその消費者に向けて連絡が行き、その後追証という流れになります。この連絡の事を、FX用語で「マージンコール」と言います。
流れを総括すると、まず「資金ショート」、次に「マージンコール」、そして「追証」となります。
FXにおいて、資金ショートを全く経験しないという事は不可能です。
というのも、どのような通貨であっても、上がる日があれば下がる日があります。
全て上げるという事はありえません。その為、大事なのは、資金ショートになった場合の対処法です。
ここで重要になってくるのが、ロスカットという概念ですね。
このロスカットをどのように設定しているかというのが、非常に重要になってきます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 15:37 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空売り

ネット証券 FX取引
空売り

eyes0857.jpg


FXが不況に強いと言われる所以は、空売りが大きいかと思います。
空売りというのはFX用語の一つで、実際に持っているわけではない通貨を証券会社に借りて売り、その通貨を後で購入して返す、という一連の流れの事です。FX用語以外にも空売りという言葉は使われますが、FX用語として使われる事が最も多いですね。
空売りの最大の特徴は、今後値が上がる通貨だけを探す必要がなく、下がる方を探せるという点です。
現時点で割高感のある通過を借りて売り、その通貨の価格が下がったところで購入し、返す。これで利益が得られます。
通常の売買では、通過の価格が安い時に買って高い時に売る事で利益が出るので、市場が低迷したら当然損失が出てくる可能性が高いのですが、空売りというシステムがある事で、不況下であっても利益を狙えるのです。これが、FXが不況に強いメカニズムと言えるでしょう。
ただ、一見簡単なように思えるから売りですが、実は意外と難しかったりします。
割安感のある通貨を探している時は、ほとんどの通貨が値を下げてしまうような印象があり、空売りなら儲けられるのに、と思ったりしますよね。
しかし逆に空売り目線で割高感の通貨を探す場合は、ほとんどの通貨が値を上げてしまうように感じてしまったりします。
それは、自分にとって利益の出る動きばかりを追ってしまうからです。
人間、欲を抑えるのは難しいものです。そこで適切な判断ができるというのは、かなりFXがうまい人といえるでしょう。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》



posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 16:09 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。