オンライントレード | ネット証券 | 株式投資 | FX取引

総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ひまわり証券

スプレッド


【EMCOM TRADE】ドル円0.1pip〜  Powered by JANet
momobgyoko.JPG

スプレッド
ネット証券 FX取引

為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

  • 作者: 小澤政太郎
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/08/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




FX用語の中に、スプレッドというものがあります。
スプレッドというFX用語は比較的良く使われるものですが、このスプレッドがわからないが為にFXに対して二の足を踏む、という人も少なくないようです。
現在、非常に大きな不況の波が金融市場を襲っていますが、一つのFX用語がわからないが為に選択肢を狭めているとなると、この不況の中で生き抜くのは難しくなると言えます。
しっかり意味を把握すれば、そう難しいものではないので、是非検討してみてください。

スプレッドというのは、国内株取引などにはない概念ですね。
海外における市場だからこそ発生するものです。
スプレッドとは、簡単に言えば、買値と売値の差額の事です。

例えば、よくニュースなどで「1ドル=92円50銭〜55銭」といった表示を見ることがあるかと思います。
何か妙にアバウトだなあ、と思ったりはしませんでしたか?
これは別に、大体これくらい、という意味の表記ではなかったりします。
というのも、この場合、もし1ドルを円に変えるとしたら、92円50銭が必要だけど、円を1ドルに変えるには92円55銭が必要、という意味の表記なのです。
各通貨間で、別の通貨に変える際に僅かに金額に差が出てしまうのです。この場合は、わずか5銭ということになりますね。

この5銭、これがスプレッドです。
このスプレッドというのは証券会社によって異なります。
そして、この差額を手数料として受け取るシステムとなっています。
つまり、スプレッドというのは、簡単にいうと手数料のようなものなのです。

FXにおいては、よく手数料無料、というところが最近増えていますが、これは全て無料というわけではなく、スプレッドがあるから通常手数料が無料でもOK、というものだったりします。
よって、FXを行う際に各証券会社の条件を見るとき、手数料だけで決めるのではなく、スプレッドがどれだけ小さいかもしっかり見ておきましょう。

FX先生

FX先生

  • 作者: 杉田 勝
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2009/05/15
  • メディア: 単行本




posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 03:21 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2WAYプライス




くりっく365 取扱業者に関する口コミ Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

2WAYプライス
ネット証券 FX取引

FXファンド はじめ方・儲け方

FXファンド はじめ方・儲け方

  • 作者: 千田 育
  • 出版社/メーカー: アールズ出版
  • 発売日: 2008/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スプレッドというのが、買値と売値の差額であるという事を理解した上で、ニュースなどを見てみると、また違った見方ができるでしょう。
「1ドル=92円50銭〜55銭」という表記は、実はスプレッドによるものだったりするという事を知らない人が見たら、どうしてこんなに差があるの?と思ってしまうところです。
実際には、50銭から55銭の間くらい、というわけではなく、ドルを買う場合は1ドル=92円55銭、ドルを売る場合は92円50銭=1ドル、という意味の表記なのです。
この表記の事をFX用語で「2WAYプライス」と呼んでいます。

通常、為替市場の表記はこの2WAYプライスで行われていますね。
また、2WAYプライスそれぞれの表記に関しても、それぞれの呼び名があります。
左側(92円50銭)は、買値なのですが、この買値をFX用語で「ビットレート」、そして右側(92円55銭)は売値なのですが、その売値をFX用語で「アスクレート」と言います。

このビットレートとアスクレートの差がスプレッドと考えていいでしょう。
この差が大きいほど、取引の際に取られるお金が多いと考えてください。
このスプレッドは証券会社によってかなり差があります。
取引を行う際、証券会社に対して支払うお金は、手数料+スプレッドです。
スプレッドの小さい会社は、手数料を取る事が多く、手数料無料を謳っているところはスプレッドが大きめというのが一般的です。
この二つ、手数料とスプレッドはしっかり合計してトータルとして考える必要があります。

最近、金融市場は非常に大きな不況を迎えています。
そして、それは逆に投資のチャンスという見方をする人が多く、オンライン取引を中心に、問い合わせが殺到しているというのはニュースでもかなり報道されていました。
特に、今FXは空前のブームになりつつあります。
その中で、手数料無料を謳い、どんどん新規を増やそうという会社が多いですが、手数料だけで判断する事のないよう注意しましょう。

私のFXバイブル

私のFXバイブル

  • 作者: 田平 雅哉
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/02/01
  • メディア: 単行本



posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 01:25 | Comment(0) | FX取引をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット証券の携帯サイトを利用する


外国為替証拠金取引マネックスFX

momobgyoko.JPG

ネット証券の携帯サイトを利用する
ネット証券とFX取引

ネット証券は少し前まではパソコンでの取引のみでしたが、今では携帯からも株の取引ができるようになっています。
多くの人が携帯を持っているため、ネット証券の利用者はかなり増えています。
パソコンとは違い、携帯は常に持ち歩いているのでいつでも株の取引ができるのがネット証券の携帯サイトのメリットです。

携帯電話.jpg

外出先であっても、携帯でネットの株式チャートを確認することもできます。
ネットでデイトレードをしている人にとっては常に株の動きをチェックしたいと言う人が多いはずです。
ネット証券の携帯サイトはとても便利なのです。

多くのネット証券では携帯サイトというのを設けています。
携帯サイトの利用規定はそのネット証券会社によって異なりますが、利用料は無料である事が多いです。
しかし手数料が必要な所もあるので事前にチェックしておきましょう。

パソコンサイトに登録しなければ携帯サイトを利用できないネット証券もありますが、携帯サイトのみの登録ができる会社もあります。
パソコンをあまり利用しないのであれば、登録するのも面倒なので携帯サイトのみでも大丈夫なネット証券を選びましょう。
ただ人気のネット証券の多くはパソコンサイトに登録しなければ携帯サイトを使えないようになっています。

また株の取引をしているとネット証券から株価通知メールが届きます。
パソコンにメールが来てもなかなかチェックできないと言う人も多いですね。
そこで役に立つのがネット証券から携帯に届く通知メールです。
パソコンのようにわざわざ立ち上げる必要もないのでとても楽です。
そのメールを見てから株の取引をできるのもメリットですね。


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | 携帯サイトを利用する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット証券のメリット





momobgyoko.JPG

ネット証券のメリット
ネット証券とFX取引

ネット証券いいところは簡単にはじめることができ、いつでもどこでも取引ができる所にあります。
自宅にいながら株の取引ができることから、ネット証券のおかげで個人投資家が増えたことはいうまでもありません。
24時間できるというのが、多くの人をひきつける要因になっています。
そんなネット証券のメリットを紹介します。
まずネット証券は情報量が多い事です。インターネット上でたくさん情報をみることができるのです。
初心者に向けての株講座から投資情報などネット証券には様々なサイトがあります。
証券会社に足を運んで得る情報よりも、ネット証券の方がネット上で得る情報量の方が多いです。

ネット証券のメリット≫続きはこちら

ネット証券【自分の時間に証券取引】
 ┃
 ┣ ネット証券とは
   ┣ ひまわり証券
   ┣ 松井証券
   ┣ SBI証券
   ┣ 楽天証券
   ┣ バンダレイ証券
   ┣ クリック証券
   ┗ マネックス証券
 ┣ ネット証券のメリット
 ┣ デメリット(1)
   ┣ デメリット(2)
   ┗ 携帯サイトを利用
 ┣ 人気商品
 ┣ 夜間取引
 ┣ 税金
 ┣ 株主優待
 ┣ FX取引
   ┗ 関連リンク【 FX取引 】
 ┣ ミニ株
 ┣ 中国株
 ┣ ネットバンク口座
 ┣ 自動売買
 ┣ IPO株
 ┣ 投資信託
   ┗ 関連リンク【投資信託】
 ┣ 日経225
   ┗ 関連リンク【日経225オプション】
 ┣ デイトレード
   ┗ 関連リンク【オンライントレード】
 ┣ 貸株サービス
 ┣ グリーン市場
 ┗ 信用取引





携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


お金がない?それは財布のせいではないですか?


posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 08:08 | Comment(0) | ネット証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンライントレード

別名でネットトレードともいいます。
店舗で証券取引するのとは違い、インターネットで24時間いつでも証券取引ができるのが特徴です。
オンライントレードは夜間でも取引ができます。
今ではオンライントレードを楽しんでいる人は400万人以上と言われています。
≫記事の続きはこちら

オンライントレード【自由な時間に証券取引】
 ┃
 ┣ オンライントレードとは
 ┣ オンライントレードの魅力
 ┣ オンライントレードの注意点
 ┣ オンライントレードに必要なもの
 ┣ 口座開設する
 ┣ 初心者の証券会社選び
    ┣ ネット証券 ⇒関連リンク【ネット証券】
    ┣ 大和証券
    ┣ 日興イージートレード
    ┣ 野村證券
    ┗ 新光ネット倶楽部
 ┣ 手数料の比較
 ┣ 証券会社のサービス
    ┗ 証券会社サービス(2)
 ┣ 体験セミナー
 ┣ 携帯電話
 ┣ デイトレード
 ┣ 夜間取引
 ┣ バーチャル取引
 ┣ ツールが大切
 ┣ 株式投資のメリット株式投資
 ┣ 株主総会
 ┣ チャート
 ┣ 個人向け国債
 ┣ 外貨建てMMF
 ┣ 外為オンライン
 ┣ 株主優待
 ┣ 商品先物取引 商品先物取引
 ┗ 長期保有

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 06:11 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット証券

ネット証券とは、インターネット上で取引のできる証券会社のことを言います。
少し前までは野村證券、日興證券(現、日興コーディアル証券)※三井住友グループが買収合意、大和證券といった証券会社に自分で足を運ぶというものが主流でしたが、今では多くの人がネット証券を利用しています。
ネット証券ではお店に足を運ぶ必要もないため、簡単に投資を始めることができます。
個人の投資家の多くはネット証券を利用しているのです。
インターネットの普及が進むにつれてネット証券も注目を浴び、誰でも手軽に株の取引を楽しむことができるようになっています。
手間を省くこともでき、ネット証券は証券会社に比べて手数料も安いという点が特徴です。
ネット上で個人情報を送れば、自宅に書類が送られてくるので申し込みもとても簡単にできます。


ネット証券【自分の時間に証券取引】
ネット証券とは
  ┣ ひまわり証券
  ┣ 松井証券
  ┣ SBI証券
  ┣ 楽天証券
  ┣ バンダレイ証券
  ┣ クリック証券
  ┗ マネックス証券
ネット証券のメリット
デメリット(1)
デメリット(2)
携帯サイトを利用
人気商品
夜間取引
税金
株主優待⇒関連リンク【株式投資】
FX取引 ⇒ 関連リンク【 FX取引 】
ミニ株
中国株
ネットバンク口座
自動売買
IPO株
投資信託 ⇒ 関連リンク【投資信託】
日経225 ⇒ 関連リンク【日経225オプション】
デイトレード ⇒ 関連リンク【オンライントレード】
貸株サービス
グリーン市場
信用取引

  
【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 07:02 | Comment(0) | ネット証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBI証券

SBI証券
ネット証券とFX取引

株を始める際に選ばなければならないのが証券会社です。
最近ではネット証券が主流になってきましたが、数え切れないくらいのネット証券が存在しています。
各ネット証券会社によって特徴があります。
その中でも人気を誇っているのがSBI証券です。
インターネットで株の取引について調べれば必ず目にする証券会社です。
SBI証券を利用している人は多く、口座開設数もネット証券の中でトップクラスです。

そんなSBI証券の特徴を見てみましょう。
一番の特徴は取り扱っている商品がとても多いことです。
国内株式や外国株式はもちろん、投資信託やFX、先物取引などがあります。
外国株式では、ネット証券の中では珍しい韓国株も取り扱っています。
さらにFXでは16通貨も取り扱っています。種類が豊富であるため、自分が気になる市場を見つけることができるかもしれません。

またSBI証券は手数料が安いことでも有名です。
1日10万円以下の取引の場合、種類によっては手数料が無料になります。
現物取引はもちろん信用取引の手数料がとても安く人気があります。
初心者など、低予算で取引をしようと思っている人にとっては嬉しいサービスになります。
他にも口座を開設すると受けられるサービスが充実しています。
会社四季報を見ることもできるのが嬉しいですね。
他の証券会社の方がいい部分もありますが、ネット証券選びに迷ったら、とりあえずSBI証券の口座を一つ開設しておけば安心できるでしょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 13:01 | Comment(0) | ネット証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。