オンライントレード | ネット証券 | 株式投資 | FX取引

総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ひまわり証券

チャート(移動平均線)

チャート 移動平均線
ネット証券とFX(外国為替証拠金)取引

チャートでおなじみの「移動平均線」。
チャート分析において、一番シンプルでわかりやすい指標かもしれません。
過去の一定期間の同じ時間の平均値を計算してグラフにしていったもの。
全体的な相場の動向を知ることができます。
現在、上昇傾向なのか下降傾向なのかわかります。
一定期間が、20日なら「20日移動平均線」。
30日なら「30日移動平均線」といいます。
ローソク足で、日足チャートを利用する場合は、一般的に75日移動平均線を使います。


株とFX―3日でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス)

株とFX―3日でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス)

  • 作者: 間地 秀三
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本



また、移動平均線には、短期移動平均線と長期移動平均線があります。
この2本線を見比べて売り買いのタイミングをはかるのです。
短期移動平均線と長期移動平均線がクロスしている部分に着目します。
短期移動平均線が長期移動平均線よりも突き抜けて上昇していれば、「買い時」です。
このクロスした箇所を「ゴールデンクロス」といいます。
逆に、短期移動平均線が長期移動平均線よりも下に突き抜けて下降していた場合。
こちらは「売り時」なのです。
このクロスした箇所を「デッドクロス」といいます。
移動平均線は、数ある「テクニカル分析」の中でも大変見やすいので、多くの人に活用されています。
FX初心者のかたはまずこれを参考にされるといいと思います。
相場の変動が激しいときは、ある程度線をなだらかに作成したほうがわかりやすいです。
しかしながら、いずれも相場の現実の動きからはやや遅れ気味です。
相場の転換のポイントを参考にする程度に考えたほうがいいかもしれません。

posted by ネット証券 FX(外国為替証拠金)取引 記録の細道 at 19:08 | Comment(0) | チャート(移動平均線) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。